実践プログラム2

生物多様性が駆動する栄養循環と流域圏社会─生態システムの健全性

  • FS
  • PR
  • FR1
  • FR2
  • FR3
  • FR4
  • FR5

研究プロジェクトについて

栄養バランスの不均衡が引き起こす流域の環境問題と地域固有の課題をともに解決するにはどうしたらよいか? 私たちの提案する流域ガバナンスは、多様な主体が身近な自然を守る活動に取り組むことによって地域の課題を解決し、地域の「しあわせ」を向上することから始めます。さらに、活動の輪を広げ、生物多様性や栄養循環を回復し、流域の健全性を向上することをめざします。

図1 流域圏社会-生態システムの健全性を向上する順応的ガバナンス

図1 流域圏社会-生態システムの健全性を向上する順応的ガバナンス

なぜこの研究をするのか

現代社会では、食料などモノを大量に生産・消費する過程で、リンや窒素などの栄養素が自然界に過剰に排出されます。この社会経済活動によって生じる「栄養バランスの不均衡」は、世界中の流域において富栄養化や生物多様性の減少を引き起こしています。さらに、生物多様性の減少によって、さまざまな生態系サービス(自然の恩恵)が失われつつあります。

本プロジェクトは、流域の社会と生態系の健全性を「生物多様性(生きもののにぎわい)」「栄養循環(モノの循環)」「しあわせ(Well-being:身体的・精神的・社会的に良好な状態)」の3つの指標に基づいて評価し、その向上を図る「順応的流域ガバナンス(協治)」の手法を確立することを目的とします(図1)。住民が地域の課題に積極的に取り組むことが、結果として、流域の環境問題の解決に結びつくよう、住民・行政・研究者など流域社会の多様な主体が協働するガバナンスのしくみ作りに参画しています。

図1の4つの歯車を駆動するために、まずは、身近な自然に関心をもち、自然との関わりを深めることが大切です。身近な自然を守る活動(「地域活動」の歯車)をとおして、環境の変化を実感することに喜びを感じたり、身近な自然の価値に共感・共鳴する仲間が増えることにやりがいを感じたりするかもしれません。活動への参加をとおして、地域の絆が深まると、「しあわせ」の歯車が回りだします。また、自然を守る活動によって生物多様性が豊かになると、栄養を循環させる生きもの自身の働き(「栄養循環」の歯車)が活発になり、流域の栄養バランスが回復すると期待されます。

このように、地域活動が流域全体の健全性の向上に貢献しうることを科学的に示し、社会に見える化することは、その恩恵にあずかる流域住民の地域活動への参加を促すとともに、行政による活動の支援につながるかもしれません。地域の活動が経済的な利益を生み出したり、地域間の交流を深めたりすることによって、地域が活性化すれば、生物多様性そして栄養循環の歯車はさらに好転すると期待されます。本プロジェクトでは、これら4つの歯車の好循環をもたらすしくみや条件を明らかにするために、いくつかの地域や流域で比較調査を実施しています。

どこで何をしているのか

インフラによって環境問題の解決が図られてきた琵琶湖流域、および、人口過密と富栄養化が深刻化するフィリピンのラグナ湖流域で比較研究を進めています。琵琶湖では、野洲川流域を対象とした生物多様性、栄養循環、「しあわせ」に関するマクロな視点からみた調査(鳥の眼のアプローチ)を実施するとともに、5つの調査地で地域の課題解決を目的としたミクロな視点のアクションリサーチ(虫の眼のアプローチ)をおこなっています(図2)。多様な主体と協働して保全・再生活動に取り組むことが、地域の自然環境や生きもののみならず、地域社会自体に及ぼす効果を調べています。鳥の眼と虫の眼の調査から得られた知見を、関係者と共有しながら、流域の健全性の向上に役立てています。

図2: 琵琶湖流域の5 つの地域で実践するアクションリサーチ。源流の森の植林を継承する大原地区(a)、谷津田の生きものの保全に取りくむ小佐治地区(b)、琵琶湖から田んぼへの魚の産卵遡上を促す須原地区(c)、内湖の景観保全や琵琶湖とのつながりを再生する志那地区(d)、琵琶湖の南湖で異常繁茂する水草を有効利用するアイデアを検討する沿岸コミュニティ(e;井上保夫氏撮影)

図2: 琵琶湖流域の5 つの地域で実践するアクションリサーチ。源流の森の植林を継承する大原地区(a)、谷津田の生きものの保全に取りくむ小佐治地区(b)、琵琶湖から田んぼへの魚の産卵遡上を促す須原地区(c)、内湖の景観保全や琵琶湖とのつながりを再生する志那地区(d)、琵琶湖の南湖で異常繁茂する水草を有効利用するアイデアを検討する沿岸コミュニティ(e;井上保夫氏撮影)

これまでにわかったこと

図3: 小佐治地区で取り組まれている冬季湛水田と慣行水田の代掻き後の田面水に含まれるリン濃度の変化を調べる実験。冬季湛水田でリン濃度が有意に減少

図3: 小佐治地区で取り組まれている冬季湛水田と慣行水田の代掻き後の田面水に含まれるリン濃度の変化を調べる実験。冬季湛水田でリン濃度が有意に減少

これまで、保全・再生活動にともなう身近な自然環境の変化を実感できる生活や生業にかかわりの深い生き物や景観を「地域の環境ものさし」として、地域活動を促すアプローチを試みてきました。このアプローチによって、集落内で活動の輪が広がり、谷津田の生物多様性が向上したり栄養負荷を削減したりする効果が観察されました(図3)。しかし、このアプローチが有効でない地域も観察されました。後者では、地域に寄り添い、活動を後押しするための対話を継続します。

ラグナ湖のシラン−サンタ・ローザ流域は、経済開発によって下流域の河川環境の悪化と生物多様性の低下が深刻です。このような状況では、地域活動によって身近な自然環境を回復するのはもはや困難です。他方、この流域では、水資源を全て地下水に依存しており、地下水汚染・枯渇の問題への関心が高いことがわかりました。そこで、地下水問題とその対策について話し合うワークショップ(写真1a-b)、および、流域の水問題について多様な主体が対話する集会を開催しました(写真1c-d)。現在、流域管理評議会や現地関係者と協働しながら、ガバナンス活動のプラットフォームおよび情報共有の場となる流域フォーラムの形成に向けて議論を進めています。

また、中流域のカルメン村では、地下水の表徴であり、地域を活性化する自然資源として多様な生態系サービスを生み出す「聖なる泉」を守る住民活動を支援するアクションリサーチも進めています。泉を保全する団体が結成され、集落内で活動の輪が広がりつつあります。

今年度は、琵琶湖流域5地域およびラグナ湖流域で進められているガバナンス活動の比較をとおして、鳥の眼と虫の眼の対話を促すアプローチが有効となる条件や範囲を整理する予定です。

写真1: シラン・サンタローザ流域の地下水に関する地域住民(a)および国立水資源局とのワークショップ(b)、第一回ステークホルダー集会の円卓討論(c)および集合写真(d)

写真1: シラン・サンタローザ流域の地下水に関する地域住民(a)および国立水資源局とのワークショップ(b)、第一回ステークホルダー集会の円卓討論(c)および集合写真(d)

伝えたいこと

先進国は、科学技術や法的規制によって富栄養化を克服してきました。昔に比べて川はきれいになりましたが、川辺で遊ぶ人の姿はめっきり減りました。水道や下水道の普及によって、私たちの暮らしは便利で快適になりましたが、身近な水辺と触れ合う機会は失われつつあります。物質的に恵まれ、インフラによって安心・安全が守られる現在の暮らしは、はたして「しあわせ」といえるでしょうか? この研究をとおして、豊かさとは何か? 「しあわせ」とは何か? その答えを追い求めます。

特筆すべき事項

2018年に霞ヶ浦で開催された第17回世界湖沼会議において、Lambino研究員(現・研究基盤国際センター准教授)が霞ヶ浦賞を受賞しました。本賞は、途上国の研究者による湖沼環境保全に関する優れた論文を顕彰し、国際的な湖沼環境保全に関する研究や技術開発の進展に寄与することを目的として、開催地である茨城県によって創設されたものです。フィリピンのシラン・サンタローザにおいて、現地の関係者や研究者と協働で進めている流域ガバナンスに関する研究活動が評価されました。

集合写真

メンバー

プロジェクトリーダー

氏名所属
奥田 昇総合地球環境学研究所准教授

京都大学生態学研究センターにて、生態学の立場からミクロとマクロをつなぐ生物科学の統合を図ってきました。現在は、超学際アプローチにより、流域環境問題を解決すべく社会と科学の共創をめざしています。人と自然と酒をこよなく愛する。

サブリーダー

氏名所属
谷内 茂雄京都大学生態学研究センター准教授

研究員

氏名所属
池谷  透研究員
石田 卓也研究員
石橋 弘之研究員
上原 佳敏研究員
渡邉 桐枝研究推進員

主なメンバー

氏名所属
岩田 智也山梨大学大学院総合研究部
伴  修平滋賀県立大学環境科学部
大園 享司同志社大学理工学部
陀安 一郎総合地球環境学研究所
脇田 健一龍谷大学社会学部
淺野 悟史琵琶湖環境科学研究センター
SANTOS-BORJA, Adelina C.Laguna Lake Development Authority
  1. HOME
  2. 研究プロジェクト
  3. 研究プロジェクト一覧
  4. フルリサーチ・プレリサーチ
  5. 生物多様性が駆動する栄養循環と流域圏社会─生態システムの健全性
↑ページトップへ
大学共同利用機関法人 人間文化研究機構
総合地球環境学研究所

〒603-8047 京都市北区上賀茂本山457番地4

Tel.075-707-2100 (代表)  Fax.075-707-2106 (代表)

みんながわかるちきゅうけん